忍者ブログ
殆どの記事は千葉県が舞台  私がバイクで千葉県の気に なる寺や名所・旧跡をそっと 貴方に御報告しちゃいます。 そしてもし何処かで私とすれ 違いましたらお声を掛けてく だされば、貴方に微笑みをお 返しいたします(笑い) 総ての方が幸せであるように  合掌!
[74]  [73]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67


あれは、今年の7月20日頃だったと思います。

私の姉が利根川を見た事がないと云う事がわかりましたので。

利根川でしたら車で1時間位走れば見る事が出来ると思い数日前に誘ってみました。

そんな事で私と姉夫婦の3人で京成電鉄の検見川駅前の凄く狭いロータリーから利根川を目指してドライブをしてみました。

印旛沼周辺から木下周辺を目指してきましたけど小林牧場を過ぎたあたりに新たな交差点が

どうやら近道だと前日グーグルの地図で解ったのでその道を右に曲がりドンドンは車を走らせたんでですが、どうやら違う道に迷い込んでしまったようで少し困っていたら

お兄さんが携帯電をを取り出して方角を云いうのですが私、正直言いまして東西南北は全然わからないのですけど。

携帯電話それも昔のガラケイと云われている携帯電話でもGPSに近い物が使われている事を私、その時の知りました。

そして迷い込んだ道の右サイドに見た事がない川を発見 こんな処にも河がある事を知りました。
お兄さんは、その川の存在を知っていまして、釣り人にとっては結構有名な川だとの事でした

ですからやはりその川で釣り糸を垂れている方の姿をもみましたけど・・

そして周囲を見ていましたらどうやら、本筋の道が見つかりその道を走り車を止めても良い箇所を探し出して目的の利根川を見る事になるのですけど

いわゆるこの道は利根川の土手沿いを走る道 利根水郷ラインとか言われる道です。

車を止めたところは、栄町の利根川の土手周辺です 周辺には何やらの施設がありました


利根川の川で遊ぶ方には、それなりの基地がある処です。

民間の施設がありました。この利根川が県境で対岸は茨城県の利根町あたりみたいです

この辺りは民間の飛行場もあるので絶えずグライダーやセ゚スナー飛行機が飛んでいる箇所


民間飛行場の名は大利根飛行場だと後で地図を見て解りました。
 
私、この道は数回走った事があるので良く知っているところです。

もう少し走ると大手食品会社の紀文の大きな工場があるんですけど

あの工場でなにを生産しているのか不思議ですけど


利根川の風景はやはり凄い 関東でも、日本でも大きい川のランキングには入る川ですから

川幅もかなりのものです。

私たちは、手を伸ばせば利根川の流れを直に触れる距離まで近づきました。

利根川を見た感想はヤッパリ凄いの一言です。


この利根川は徳川家康が江戸川がたびたび氾濫するので川の流れを変える目的で造られた川です

もっともその当時は、周辺にいろいろな川があったらしいのですけどそれらをまとめて銚子の海いわゆる太平洋まで掘り進めた川だそうです。

私たちがこの利根川を見たお隣の町は、安食(あじき)です。

この町周辺には見るのもが多いんです

日本でも有数の古墳群がありその数は100を越えます

そして古墳の形式では日本最大級の古墳もある事を私 数年前に知りました

そして関東でも一番古いと云われている寺跡があります。

その名は龍角寺です

あくまでも跡ですから見るものがありません。

その昔あったであろうとしてその定礎の石があるのみでした。

数十年昔は観光地だったかもしれません 大きな観光地図の看板がありましたから。

この寺の宝物が仏像です かなり古い仏像らしいです

一部江戸時代あたりに修復された箇所があるらしいです。

この仏像 千葉市の博物館で(房総の仏像たち)と云う展覧会の開場に入り口に展示されていまして私驚いちゃいました。




 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/30 けんいち]
[10/30 おばねえちゃん]
[01/15 くまはち]
[05/14 kazuay]
[03/27 ムー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千葉の住人 椿六十朗
性別:
男性
職業:
素浪人
趣味:
バイクで散策
自己紹介:
普段はバイクで主に千葉県内を散策中 いずれ何処かですれ違いましたら、声を掛けてくだされば微笑みをそっとお返しいたします どうぞ遠慮なく!(笑い)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]