忍者ブログ
殆どの記事は千葉県が舞台  私がバイクで千葉県の気に なる寺や名所・旧跡をそっと 貴方に御報告しちゃいます。 そしてもし何処かで私とすれ 違いましたらお声を掛けてく だされば、貴方に微笑みをお 返しいたします(笑い) 総ての方が幸せであるように  合掌!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

 
昭和30年代の古いゴミ箱がありました。

しかも旧千葉街道沿いの町並みですけど。


昔はゴミ箱は個人が所有している時代がありました

今ではそんな事はなくゴミ集積場所に各人が持っていくのですけど

その昔のゴミ箱がこれ

 
でもねそれ以前のゴミ箱は木で作られていましたけど 

このゴミ箱コンクリート製です 驚きとしか言えません

今でも使用しているのでしょうか?

この検見川町は古くから或る集落と云えます。

昔は家の間口で税金を徴収する制度があったときの名残でしょうか

かなり奥行きがある家が多く存在している街並みです

その痕跡がこれ! 
今は、日本そば店ですけど 多分昔は漁師さんをやっていても不思議ではない家の作りです

一度私も食べましたけど お座敷に上がって食する処です 価格は普通です

このそば店の裏は駐車場です。 奥まっている土地です

ですから奥は昔は海でした
その痕跡が今でもハッキリ解ります

そば屋さんの裏側にも道があります

その道がこれ!

とっても静かな道ですけどこの道は、昔は海でした

そんな痕跡があるのがこれ!

道路より低い箇所があります

昔は海でだった処です。

昔は、クルマエビもとれたそうです
実際に昔漁師をされていた方がいまして立ち話をしてお聞きしました

船と云っても帆かけ船だったそうです トリガイやシャコ・赤貝なども取れたそうです

青柳は採らなかったそうです 

 



 話は少し飛びますけど検見川の町は古くから在ったようです。

源頼朝の一行が旗揚げをする際にも立ち寄っています。

それでね 花見川と云う川を渡るのですけど川の名を家来に聞いたそうそうです

この川にの少し上流には春には桜並木が存在しますけど その当時から桜の名所だったかもしれません。

その桜の木で仏像があるお寺があるんです 花島観音と云われているお寺にあります。

33年に事に御開帳される仏像は桜の木です 今年に御開帳されたので今度は33年後となります

私は、そのころにはこの世にはいません!

花島観音様の御開帳の記事 ご興味がある方はこちらから!
  
  
   
   

PR
千葉市に流れている花見川の上流近くに花島観音がありあすけど、

私が、柏井病院の帰りに丁度33年振りの御開帳の日に、当たりました。 

 
私、急いで自宅に帰りデジカメを持って今一度花島観音へ訪れて33年ぶりの御開帳だと云う仏像を
デジカメに収めました。

船橋から来たと云うご婦人は午前中に来たけどあまりにも人手が多いので一旦かえって又来たと云っていました

熱心な方が居るんですね

そして私に問いかけてきあした
「あの真ん中に四角い柱 何て言うのでしょうか?」

私もその柱の事が以前からいろいろな箇所で見てはいるのですけで 気になるので

私聞いてきます! と云って花島観音の法被を着ていらしゃる御仁にお伺いしましたら

通常四角塔婆とかその地方によっても呼び方に違いがあるようですと教えて頂きました。

更に【こうえん柱】とか云っていたように記憶しています

間違っていたらごめんなさい!

更にお堂に華やかな色あいの膜があるのですけど その幕はそん来何というのでしょうかと
と又そのご婦人が訪ねるので私も本来は知りたいのですけど

先ほどの御仁に又私聞きに行きご婦人とバトンタッチで私はその場を後にしました

いまにしてみれば私お一緒にお聞きしていれば良いと思いましたけど

後の祭りでした 後悔しています
 
 
本来はその御開帳の日にこのブログアップすべきでしたけど。いろいろありまして

今日になりました。

正確には御開帳の日は2017年4月18日でした

なので又御開帳を見る事は私は不可能です 現在私67才 次は100才になっています



いつもはひっそりしている花島観音ですけどこの日は、露天商の方も出ていて華やいだ雰囲気でいました。

私、これで満足です

賑やかな日でした

いつもこのように華やかだと良いですね!


あれは、今年の7月20日頃だったと思います。

私の姉が利根川を見た事がないと云う事がわかりましたので。

利根川でしたら車で1時間位走れば見る事が出来ると思い数日前に誘ってみました。

そんな事で私と姉夫婦の3人で京成電鉄の検見川駅前の凄く狭いロータリーから利根川を目指してドライブをしてみました。

印旛沼周辺から木下周辺を目指してきましたけど小林牧場を過ぎたあたりに新たな交差点が

どうやら近道だと前日グーグルの地図で解ったのでその道を右に曲がりドンドンは車を走らせたんでですが、どうやら違う道に迷い込んでしまったようで少し困っていたら

お兄さんが携帯電をを取り出して方角を云いうのですが私、正直言いまして東西南北は全然わからないのですけど。

携帯電話それも昔のガラケイと云われている携帯電話でもGPSに近い物が使われている事を私、その時の知りました。

そして迷い込んだ道の右サイドに見た事がない川を発見 こんな処にも河がある事を知りました。
お兄さんは、その川の存在を知っていまして、釣り人にとっては結構有名な川だとの事でした

ですからやはりその川で釣り糸を垂れている方の姿をもみましたけど・・

そして周囲を見ていましたらどうやら、本筋の道が見つかりその道を走り車を止めても良い箇所を探し出して目的の利根川を見る事になるのですけど

いわゆるこの道は利根川の土手沿いを走る道 利根水郷ラインとか言われる道です。

車を止めたところは、栄町の利根川の土手周辺です 周辺には何やらの施設がありました


利根川の川で遊ぶ方には、それなりの基地がある処です。

民間の施設がありました。この利根川が県境で対岸は茨城県の利根町あたりみたいです

この辺りは民間の飛行場もあるので絶えずグライダーやセ゚スナー飛行機が飛んでいる箇所


民間飛行場の名は大利根飛行場だと後で地図を見て解りました。
 
私、この道は数回走った事があるので良く知っているところです。

もう少し走ると大手食品会社の紀文の大きな工場があるんですけど

あの工場でなにを生産しているのか不思議ですけど


利根川の風景はやはり凄い 関東でも、日本でも大きい川のランキングには入る川ですから

川幅もかなりのものです。

私たちは、手を伸ばせば利根川の流れを直に触れる距離まで近づきました。

利根川を見た感想はヤッパリ凄いの一言です。


この利根川は徳川家康が江戸川がたびたび氾濫するので川の流れを変える目的で造られた川です

もっともその当時は、周辺にいろいろな川があったらしいのですけどそれらをまとめて銚子の海いわゆる太平洋まで掘り進めた川だそうです。

私たちがこの利根川を見たお隣の町は、安食(あじき)です。

この町周辺には見るのもが多いんです

日本でも有数の古墳群がありその数は100を越えます

そして古墳の形式では日本最大級の古墳もある事を私 数年前に知りました

そして関東でも一番古いと云われている寺跡があります。

その名は龍角寺です

あくまでも跡ですから見るものがありません。

その昔あったであろうとしてその定礎の石があるのみでした。

数十年昔は観光地だったかもしれません 大きな観光地図の看板がありましたから。

この寺の宝物が仏像です かなり古い仏像らしいです

一部江戸時代あたりに修復された箇所があるらしいです。

この仏像 千葉市の博物館で(房総の仏像たち)と云う展覧会の開場に入り口に展示されていまして私驚いちゃいました。




 

  
千葉県の東金にある八鶴湖を知ったのは、かなり昔の事ですけど、実際にこの地を訪れたのは、2016年7の3月のとある日です。

東金の道並みに昔は、少しは目立つ八鶴湖の案内の看板がありましたけど、現在は、ほんの気休め程度の看板ですから見逃しがちになります。

私、数回この地を訪れましたけど、いつも見逃し気味で、目的の八鶴湖までは辿り着く事は出来ませんでした。
今では、この近くのおじゃが池の方が有名になっているような気がします。

 
桜が咲く季節には多分多くの方が訪れたであろうこの地は今でも賑やかな地なのかは、私には解りませんけどある意味で私にとっては気になる存在の地でした。

池の周辺には高等学校があり校門のすぐ横に昔あった東金女子高等学校の1部の校舎が保存されてあります。

その中は資料館になっているそうです
 
私この池の周辺を散策してみました

お寺が2件ありどちらも境内が広い立派なお寺です。

西福寺は日蓮宗のお寺です 
少し高台にあり展望がチョット得られるお寺でした

そこで私、驚いちゃいました。
この寺にある鰐口と云われる物が戦国時代に織田信長公が家督を継いだ年に付けられたというのです。かなりの年代の物となります。

その鰐口がこれです

鰐口(わにぐち)とは仏堂の正面軒先に吊り下げられた仏具の一種である。神社の社殿 で使われることもあるそうです

一番ビックリしちゃったのは、いわゆる木更津の切られ与三郎のお墓がこのお寺のありました。

つい数日前の千葉県に関する書物を読んでこの切られ与三郎の事をチョット読んだのでそんな事で驚きがありました。

この東金の八鶴湖近くには昔の武将の徳川家康公が鷹狩りに来た地でしてその時の利用した館があったそうです。

そんな処ですから歴史的には面白い所がある筈です

私し少しぶらぶら散策をしてみました。


ありました ありました 診療所の門がありました 覗いてみると建物が見当たりません。

少し歩いているとそれらしき建物を発見 

おっかなビックしりでチョットだけ敷地内に侵入 デジカメでバッチリ撮りました

 
よく考えますとこの診療所は、老人には、しんどいかもしれません 



アプローチがかなりあります 歩きはきついです(笑い)

近くには公園があり若いママさんが子供と遊んでいました

この集落の道には立派な鳥居があるんです 

ですからどこかに神社がある筈です

私もっと歩いていくと 又又ビックリする所に着ちゃいました

まるで神奈川県の鎌倉にあるような切通しの処に着ちゃいました

 
画像は変換できないので、みずらいですけど 滝までありました 少し滝と云うには大げさですけど 看板に書かれえてありました。

やっぱり歴史がある街だと感じました。

更にこの道を上ると驚きが待っていました

神社がありました その参道が凄いです

大きな大木が沢山あるんです 凄い森の中て感じです。

 
 
この画像も変換出来ないので伝えずらいのですけど

歴史ある神社と思います その名は日吉神社です ものすごい大木が沢山。

やっぱり世の中は広いと思いました。
私、稲毛生まれでして稲毛の浅間神社を見ているのでチョットした神社を見ても感激はしないのですがこちらの日吉神社の境内の大木と云い森の深さには驚いちゃいました。


静けさなどが違います 至極静かでして怖いぐらいです。

私いつものように賽銭を少しばかり投げ入れてお参りも済ませました。

帰る時、一人の若者とすれ違いました。
 
こちらの境内には白旗神社の社も存在します

いわゆる源頼朝公が参拝されたそうです でその名が付いたと思います。

この周辺は、多聞もっと歴史的に凄いところがあるのだろうけど・・

下調べなしだしたので今日はこれまででした。

ところで、この地に近いゴルフ場と云えば信じられないゴルフ場の存在があります

そのゴルフ場の名前がおかしいと思います

新千葉カントリークラブです。

千葉県人の私から思うと新千葉と云う地名は、いわゆる千葉県の県庁がある千葉市内の千葉と云う地名の周辺にゴルフ場があるのか?と最初驚いたほどです。

そのゴルフ場がこの近くにあります 正直言良いまして今一のゴルフ場だと思います

でもテレビ映りは良いみたい 芸能人の方たちが集まるチャリティーゴルフコンペが毎年、ここの新千葉カントリークラブで行われています。

平尾 昌晃氏の呼びかけで行われているゴルフコンペの会場がここです

このコース 千葉県内では54ホールあるのコース 立花・つくも・朝霧の3コース 中でも朝霧コースは友人に言わせるとピカイチだそうです 何がピカイチ良いのかと云うとチャンピオンコースだと云います 私には解りません。

でもクラブハウスがこのコースは独立していました。
私数回このゴルフ場に呼ばれてゴルフをした事がありました。

いわゆる昭和のバブル期です。 このゴルフ場も凄い繁盛していて会計の際はスーパーのレジ待ち状態で数列も並んでいました。

このゴルフ場の凄い処は、プレヤーがティーグランドに居るのに平気で立ち木をチェンソーでコース側に倒していました。これには、私驚いちゃいました

他所のゴルフ場ではプレーヤーの邪魔にならないように作業は、していますけど、こちらのコースでは、コース側の作業が優先するんです。

千葉県には多分150以上のゴルフ場があります ですから変わったゴルフ場も存在しています。





 
 
 
 
 
 
 
   
    
     


東京の築地の場外『市場にて』マグロのヅケ丼を食べ終え

勝鬨橋が近くにあるので見に行きました。

懐かしい橋でです その昔観光バスでこちらに来たら丁度この橋で立ち往生

橋の真ん中から左右に橋が開いて船を通していたシーンに出っくわした事がありました

ビックリしました 今となれば良い思いでです。

私橋を渡ってみました 

橋の下の川は、有名な墨田川 知りませんでした。 隅田川がココに流れていたとは。

築地市場の岸壁の川は隅田川なんだー。

この橋渡ると佃島 高層ビル群が立ち並んでいます

マンションもあるのだろうけど 凄い場所です
橋のたもとには、大手ファミレスがあり周辺の方が

来ていろのだろうか 賑わいがあるようです。
 
又築地方面に真っ直ぐ元に戻りそのまま歩いていくと歌舞伎座が見えて来ました

そして東劇がありました

この道真っ直ぐで銀座そして有楽町と続く道 銀座の交差点のソニービルもすっかり様変わり

新しいビルになっています。

この界隈も随分変化がしていました。
実は私、数日前にこの神社の存在を知りました。
葛飾北斎の浮世絵で登戸浦があるのですが、その浮世絵の書かれた場所が、京成電鉄の登戸駅から近くの昔の海岸からの富士山が書かれている浮世絵です。 その浮世絵に描かれている神社の鳥居が画かれています その神社の名が登渡神社(とわり神社)通称登戸神社(のぶと神社)です

某ブログなどで見ると松林が多く見えますが実際には差ほどでもありません。

このように云いますと失礼に当たるのかもしれませんが・・

しかしながら、それなりに風情はあります。

 
この登戸は昔は千葉の中心地といっても、過言では、無かったようです。いわゆる江戸時代までは、木更津などと重要な船の港として栄えたようです。

今はその海岸線は、ずーと奥に移りました 全て埋めたてられました。

最初の千葉港は多分この登戸海岸あたりに作られたと思います

そのような写真が現に残されています。

私、京成電鉄の登戸駅から小学校の前の道を下る坂を数十年年前に下ったことがありましたけど
その当時は確か、商店が数件あったと思いましたが今はありません。

やはり数十年するとかなり街の雰囲気が変っています。


千葉県立中央図書館は千葉城がある周辺にあるんです。
この図書館があるのはやはり40数年前にある事は知っていました。

かなり洗練された建物です 古さを感じさせない建築と言えます

かなりの方がこの建物の設計をされたのではないでしょうか 見事なデザインです。

この図書舘で私、チョット調べものをしに2回ほど最近ですが行きました。

館内も垢抜けています。 図書舘ですから静かな雰囲気を保っています。

本もチキンと整理されていますから探すのも苦労しません。

こんな立派な図書館に、あの人は働いていたのか何て思いながら尋ねました。

図書舘周辺は千葉城があり千葉文化ホールもありいわゆる千葉市の文化的なもが集まっている
処です。

そして周辺は、寺も数件あるようです。

千葉文化会館と言えば大きな建物です。

私の高校の卒業式は、ここで行いました。 
完成して多分1年後ぐらいでした。
 
今、考えるとかなり立派な卒業式だったと思います。

そして卒業証書を頂く生徒総代の方が女性の方でして私ビックリしました。
以上総代と言えばなくなった私の母親が小学校時代ズート以上総代でした事を覚えています。

母親は昔の小学校しか行ってはいませんけど、字を書くと凄い書体で書く事が出来ました。

その母親の自慢と言えば小津安二郎監督の映画にはかなりの位置で出演していた女優さんの三宅邦子さんと同級生だとテレビで映画に出ていると良く云っていました。

有名な東京物語にも出演していたから凄いと言えば凄い女優さんですね。

埼玉県は岩槻の街のうなぎ屋さんの娘さんだとよく言っていました。

その母はやはり埼玉県の岩槻の街の理容室の娘でしたから理髪はお手物でした。
全部で20分ぐらいで終了です。 当然かみそりで襟足や眉毛やもみ上げも剃りました。 

 千葉城も近いですけど、本来はあのような城は、なかったと云われています。
 
この館内も今は無料でした。
いろいろな資料が展示されていますから一度行かれると参考になるかもしれません。

春になると桜のお花見でかなり人手が出る処です。茶屋があり軽食が楽しめるようです。

なをこの城の城主は討ち死されています。 
私の記憶に間違えがなければ同じ千葉一族に攻め落とされています。戦国時代は恐ろしい時代でしたけど・・・

今の世界でもまだ平和が訪れては、いません。

一握りのおろかな人間は、いつの時代でもいるんですね

進化はしないんだ。人間て進化は、しないんだとこの歳でわかりました。

今でも世界では戦いが続いているのが現状です。人間て懲りないんですね。

歴史は、繰り返すと誰かが云っていましたけど。
気をつけたいですね。
 
船橋オートレース場は、字の通り千葉県は船橋市内にあるオートレース場です。

日本のオートレース発祥の地がここのオートレース場だそうです。

2017年でこの日本で最初にオートレース場は、廃止される事が決定されているのです。

そのことを知り私40数年前に学校の先輩といえば良いのでしょうか。会社の先輩と言えばいいのでしょうか。

とにかく春先の事、休日に先輩が誘ってくれて先ず最初に遊びに行ったところがこの船橋のオートレース場でした。

驚きました。物凄い爆音を出しながら猛スピードで走り抜けるオートバイの迫力にビックリしました。

そしてあるレースではオートバイが滑って転倒シーンもありました。

先輩は、いわゆるオートレースでチョットお金を掛けていました。

私は見ているだけでしたけど緒の当時は今あるオートレース場の場所とは違うかもしれません。

京成のセンター競馬場前から降りてもっと近くだったと思います。

現在の所は、かなり歩くと時間が掛かります。

どうやらヤッパリ昔の場所とは違うようでした。

現在は無料のバスがオートレース場まで連れて行ってくれます。

昔のことですがこの船橋オートレース場所属の選手として全国に名が轟いた選書が2人いました。

島田選手と片平選手 そのほかにも飯塚選手や岩田選手 かなりの走り屋として有名でした。

しかしこのオートレース場は廃止です。

考えてみればレース場近くにマンションが数棟あります。

この爆音は、ある意味で騒音だと思います。



しかし当初は多分住民などはいない場所だ筈ですけど。

現在の集客数は最盛期の十分の一だそうです

このオートレース場で競輪の車券が購入出来るんです。
複雑な施設です。

オートレースはハンディ戦です。

近くの旦那が教えてくれました。

大体がハンディを背負っている選手が強いとの事です

つまり8番車が1位を獲得出来るとの事でした。

つまりレースは硬いレースとなるのが通常かもしれません。

やらない私には良く解かりません。

そぅそぅ若い女性も来ていました。

多分元スマップの森選手が出場するから応援出来ていると思います。

ファンて有り難いですね。

そう言えば昔の話ですが知り合いの奥さんが森君のファンでして川口まで応援しに行っていたそうです。

ある日某週刊誌にその奥さんの応援の姿が写真に乗っていたとの事です

その事を教えてくれた時の奥さんのうれしそう笑顔今でもよく覚えています。

森君頑張って下さい。

そして千葉市内にお住まいの永井選手も頑張って下さいね。

62歳でも現役の選手がオートレース場で走っていました。

凄いですね 命を掛けた戦いをしているんですね。オドロキとしか云いようがありません。

今は船橋オートレース場は、ビックリです! 入場料無料です。








千葉県で有名な処として大山千枚田があります

随分以前から気になっていた所です。

やっと訪れる事が出来ました。

車で富山周辺まで来たのでせっかくだからと云う事で。

かなり昔ですけど勝浦周辺の山奥の旅館に泊まったことがあるんですけど、その旅館の周辺がいわゆる棚田でした。

段々状の田んぼがありまして山間の田んぼは、こんな感じなのかーと思った事がありました。

私的には、ですから初めて見る光景でもありません。

この大山千枚田に行ったのが12月の暮れでした。 着いたのが夕方でして近くに無料の駐車場がありまして、観光地化していまして2・30人位の人が来ていまして写真を撮ったりしていました。
近くにはカフェもありましてそれなりに、賑わいがあるところでした。

私たちはお汁粉やお餅を注文して食べました。

良く見ると田んぼ全体に今は便利な明かりがついていました。

私の住んでいるところにも田んぼが沢山あるので正直言いまして田んぼには感激しませんけど
こんな山深い田んぼが綺麗に手入れされていること自体は凄い事なんですね

熱心な方がシャッターチャンスを狙っている方が数人いました。
いわゆる写真が好きな方でしょうか。

もっともプロの方が居ても不思議ではないのでしょうけど。

この周辺は、加藤登紀子さんの旦那が農業をしていた処がある筈です。

今でもその農場はある筈です。

その旦那さんは、もう亡くなりましたけど素人の方が農業をしちゃうてかなり凄いと思います。

それにしても旦那は元革命家でした。

加藤登紀子さんとは獄中結婚です。

凄いですね! 加藤登紀子さんは、歌い手でそれなりに名は知れていた頃の話

想像しようにも想像出来ない それぞれの人生があるんですね。

それで食べていくて大変だったろうと想像しますけど。


田んぼでしたら幾らでもあります そして私の住まいの近くの田んぼは、それぞれです

耕作しない田んぼも数々あります。

不思議ですね。 大山千枚田の田んぼは、私もそうですけど

その田んぼを見に来る方が居るんです。

田んぼがある意味観光地として人を呼べる不思議です。

この周辺は、日本で最初に酪農をした所があります

その昔 私の家から30分ぐらい歩くとホルスタインの牛を見ることがありました。
酪農も盛んなところとして千葉県は生産量が多かったと思います。

そぅそぅこの大山千枚田周辺ではもぅ水仙が咲いていました。

鷹之台カンツリー倶楽部の所在地は千葉県千葉市花見川区横戸町1501 
京成電鉄沿線の大和田駅からあるいて7~8分ぐらいの所にあります

このゴルフ場は関東でも指折り有名な名門のゴルフ場でして、
メンバーになるのには容易い事では、ないようです
そしてこの鷹之台カンツリー倶楽部のゴルフ場でプレーをするのは、
ここのメンバーさんからの紹介が必要なゴルフ場だそうです
私、この付近に住んでいますが未だ一度も
この鷹之台カンツリー倶楽部でゴルフをしたことがありません。
そして、このゴルフ場に行くには門が2箇所ありましてどちらかの門を通る事となります。

           大和田門と花見川門のいずれかの門を通る事となります。

倶楽部ハウスは、やはりその名に恥じない超立派で
大きい倶楽部ハウスでした
確か10年ぐらい前に日本オープンが開催されたゴルフ場でした
私テレビで見ちゃいました!



コースには練習場もあり残りのハーフのプレーに備え練習所にて
ゴルフボールを打ち込んでる熱心なプレーヤーの方々がいました

こちらのゴルフ場には可愛いウサギちゃんや少し恐ろしいオオ鷹がいるそうでしてそんなに自然が豊かなのでしょうか
今度ゆっくりコース内の見学をさして戴けたら有り難い事ですが・・・・ありえない事を想像しちゃいました(笑い)。

この不景気と云われてるご時世でも、この鷹之台カンツリー倶楽部の会員権を購入されてメンバーとして名を連ねらた御仁がいらっしゃるンですが世の中広いものですね!
私のちょっと顔見知りの方もこのゴルフ場のメンバーとなったそうです
又違う方が呟いていました 「鷹乃台のゴルフ場て会員権はそんなに高額でもないんだねと」

ところで昔、私聞いた事がありましたことを述べますがこのゴルフ場に土地を貸してる地主さんを集めゴルフコンペを開いていたそうです
最近は地主さん方の集まりが悪いのでコンペは止めてバスツアーで旅行に行っているとか 現在は解りませんが・・・

又、某地主さんは自宅からこちらのゴルフ場へは大変近いのでバイクでこちらのゴルフ場に行きましたら「○○さんバイクで来るはご勘弁してください」と云われたとかその当の本人からお聞きしました事がありました。
ごもっともなお話です! 名門のゴルフ場にバイクで乗り付けるとは、絵になりません(笑い)!

そぅそぅちょっとした会社の社長さんが某銀行主催のゴルフコンペに参加した時の事だそうですけど キャディーから指摘されたそうです 「社長でしたらもう少しましなゴルフクラブを使えば」と かなりおせっかいな一言だと思います


そのことを後日ある方に話したら その方曰く「キャディーの言う事は正しいいよ 仮にも社長と言われるの身分でまして鷹乃台でゴルフをするならそれ相当スタイルがあるよねー」

そう指摘した方のお兄さんはこの鷹乃台カンツリー倶楽部でゴルフをする為に訪れると必ずゴルフ場の支配人が挨拶に来るそうですからかなりのお得意さんと言えるのだろう
ちなみにお兄さんは一部上場企業の社長だそうです
この方の出身は又ビックリなんですけど 明治時代に明治天皇が田んぼの稲の具合を見に来た
と言う事です 田んぼは見渡す限りその当時は全部その方の物ですから相当数の坪数だと思います ですからかなり由緒ある家柄だと思います

その証拠に彼曰く 幕末の時の渋沢栄一などが家の来て刀を抜きお金をせびったといっていました そのときの刀の傷跡が柱にあるそうです 私は見ていませんが・・・

又ある方曰く 鷹乃台カントリーでプレーを終えお風呂に入ったらいわゆる宮様がお風呂に使っていたそうです すごっく物静かな方だそうです

又知り合いの方が呟きました 先日の鷹の台でのゴルフコンペに漫画家の方が優勝したとの事です あの有名な漫画家です 自衛隊員から漫画家になられた人気の方です
彼はハンディーキャップ1だそうですから相当の腕前と言えます

稲毛にお住まいがあるのかービックリです

こんな感じで鷹乃台ゴルフカンツリー俱楽部の事はお仕舞いにしますけど
やはりお金持ちの方が多く集まる事には間違いがないと思いますけど

大和田の駅からコースに行く途中にゴルフクラブの工房があります
かなり立派な工房です

時には場違いな方がメンバーとして連なっている事もありえると思います
だって人間ですもの


このゴルフ場でプレーをするにはメンバー同伴が条件だと思います

それとも千葉県人でしたら夏にゴルフフェスタがありますからその時に申し込めば
プレー出来るかもしれません

あるいは花見川にあるゴルフ練習場の柏井ゴルフセンターではゴルフコンペはこの鷹乃台カンツリーで行われますから練習場にちょっと通い申し込めばプレーは可能だと思います
 

がんばって下さいね!

それはそれで この鷹乃台カンツリー俱楽部に匹敵するゴルフ場があるんです
これにはあたしもビックリしちゃいました
同じ千葉県でしてそのゴルフ場の名は久能カントリークラブです
富里インターチェンジから車で5分とアクセスは抜群です

かなりハイクラスなゴルフ場です 法人専門のゴルフコースと言えます

気になる方はこちらをクリックです。

鷹之台カンツリー倶楽部の公式のホームページ

人気ブログランキングへ

もっとお気軽なゴルフを楽しみませんか





















次のページ >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/30 けんいち]
[10/30 おばねえちゃん]
[01/15 くまはち]
[05/14 kazuay]
[03/27 ムー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千葉の住人 椿六十朗
性別:
男性
職業:
素浪人
趣味:
バイクで散策
自己紹介:
普段はバイクで主に千葉県内を散策中 いずれ何処かですれ違いましたら、声を掛けてくだされば微笑みをそっとお返しいたします どうぞ遠慮なく!(笑い)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]