忍者ブログ
殆どの記事は千葉県が舞台  私がバイクで千葉県の気に なる寺や名所・旧跡をそっと 貴方に御報告しちゃいます。 そしてもし何処かで私とすれ 違いましたらお声を掛けてく だされば、貴方に微笑みをお 返しいたします(笑い) 総ての方が幸せであるように  合掌!
[53]  [52]  [51]  [21]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44

この大佐倉城址は、酒々井にあります
酒々井とは簡単に言えば佐倉の隣の町です
電車で行くには京成電鉄の佐倉の次の駅大佐倉駅で降り降りて歩いて10分ぐらいの所にあります


その大佐倉の駅周辺は驚きの場所でして殆ど何も無い状態でして
駅前は凄い林状態でしたがつい最近開発が行われてますが
宅地にはならない調整区域です

そんな状態ですから国指定史跡として大佐倉城址が殆んど手つかずの状態で見つかったのではないでしょうか

城跡の周辺は田園地帯でして立て看板にはマムシに注意と書かれてありました
私未だ生きたマムシをこの目で見たことがないので凄い恐怖感に襲われつつ
この山城を登りに来ました


その昔、戦国時代1470年代に千葉輔胤が築城し1590年に豊臣秀吉に滅ぼされるまで9代にわたり 千葉氏の居城として遠くは茨城県周辺にも睨みを利かせていたそうです
又城主は確か2人は毒殺されたと言う史実があるそうです
戦国時代は本当に恐ろしい時代ですねー

城跡の門があっただろうとされる見張り台からの眺めはかなり迫力があります


もっとも印旛沼は昔はもっと広く城周辺まであっただろうとの事です

城内はそれなりに広く又かなり複雑な地形を獲り入れて守りに又攻めるには適切な地形があり山城特有の地形が面白いです


そぅそぅ山城ガールなる集団が最近いるようです
若い女性が山城を攻める 道なき道を掻き分けて山城を訪れてるようです

この千葉県の大佐倉城祉にもくるのでしょうか
くれぐれもマムシにはご注意してください

昔のガールズのご一行とすれ違いましたけど・・・


やはり日曜日は何人かこの城跡に訪れる方がいるんですね
自然がいっぱいの処です






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 竜腹寺 HOME 香取神宮 >>
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/30 けんいち]
[10/30 おばねえちゃん]
[01/15 くまはち]
[05/14 kazuay]
[03/27 ムー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千葉の住人 椿六十朗
性別:
男性
職業:
素浪人
趣味:
バイクで散策
自己紹介:
普段はバイクで主に千葉県内を散策中 いずれ何処かですれ違いましたら、声を掛けてくだされば微笑みをそっとお返しいたします どうぞ遠慮なく!(笑い)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]